デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<


 画像の上でクリックするとチェンジします(画像4枚)
( トランジションのソースはますたー様からお借りしました )



子供の頃に、親指と人指し指で葉の両側の棘を支え
息を吹きかけ、くるくる回して遊んだ記憶がある
ヒイラギはモクセイ科の植物で、葉に棘がある為
防犯目的で生け垣に利用されたり
古くから邪気の侵入を防ぐと信じられ
表鬼門(北東方向)に庭木として
植えられている事がよくある
また今でも、節分の夜にヒイラギの枝と鰯の頭を玄関に飾り
魔除けとする風習が残っている地方がある


ヒイラギの幼木では棘があるが、老木に成るに従って
葉の棘は徐々に無くなり、やがて全て無くなってしまい
このヒイラギは初冬の頃から直径5?程のキンモクセイに似た
白い花を密生させて咲かせ、花からは芳香が漂って来る
昨年末に訪れた公園で、このヒイラギの花がまだ咲いていた


2011.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/543-18efcd6a