デジカメを持って 西へ東へと・・・

<


画像の上にマウスON-OUT するとチェンジします(画像2枚)
( トランジションのソースは sakura 様からお借りしました )



2月に入ってから、日本の上空迄南下していた寒気が後退して
日本列島は高気圧に覆われ日差しがある為
この地方では、気温が10℃近く迄上昇して暖かくなり
この暖かさが、あと2週間程続くとの予報が出されている

この暖かさに誘われたかの様に、花の咲く期間が
9月から12月頃といわれているタデ科の多年草
ヒメツルソバの花が2月初めに成っても咲いているのに気が付いた

ヒメツルソバはヒマラヤ原産で、日本へは明治の頃
ロックガーデン用として輸入されたが、暑さや寒さにも強く
乾燥にもよく耐え、日当たりのよい場所を好むが
半日陰でも良く育つと云う、持ち前の剛健さと繁殖力から
茎は立ち上がらずに横に這い蹲る様に広がり
茎の節の部分が地面に接すると、そこから根を出して広がって行き
現在では空地や道端等で雑草化して、その姿が見られる

花はピンク色の小さな花が、ツブツブ状のまあるい形に集まって咲き
一見すると、飴菓子のコンペイトウの様な姿をしている


2011.02.02 / Top↑
Secret