デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<
<

 画像の上でクリックするとチェンジします(画像3枚)
(トランジションのソースは熊子さまからお借りしました)



2月9日から入院して、外科手術を受ける必要が有って
永らく、このブログ投稿を休んでいましたが
昨日、退院後の診察を受けたら、手術後の経過が順調で
徐々に元の日常生活に戻っても良いとのお話を
主治医の先生から聞いたので、体の回復具合と相談しながら
またブログを徐々に発信して行きたいと思い
最初は、入院、手術時の出来事等を忘れない内に
文章で残しておきたいと思い書いてみました

小生は、以前から便秘気味であったが
数年前、何時ものようにトイレへ行き
その時は、中々便が出なかったので
強く息んでいたら下腹部の辺りで一瞬
風船が、ゴムマリ位の大きさにふくらみ
すぐ萎んでしまった様な感覚が体の中を走り
場所が下腹部で、恥ずかしくて思い悩んだが
何事が起こったのかと心配になり、思い切って
後日総合病院へ行き、診察してもらったら
患者の8割以上が男性である
「そけいヘルニア」の疑いがあると診断された

その時は、下腹部のふくらみも無かったので
暫らく様子を見る事になり、気にかけていなかったが
今年の1月下旬、お風呂へ入る時に何時もより
下腹部のふくらみが感じられ、押すとへこんだので
2月4日に、再び総合病院へ行き
診察してもらったら、立派な「そけいヘルニア」で
これは薬で治す事が出来ず、手術を行うしか
直す術が無いと言われ、手術を勧められた

即、手術する事を決断し、その日に手術前の採血検査
尿検査、X線検査、心電図、出血時間検査等を受け
手術の説明と手術前の注意事項や
入院手続きに必要な書類を貰って家に帰ってきたが
生まれて初めて、自分の体にメスを入れる事になり
手術日が近づくに従って、不安な気持が段々と増してきた


2011.02.26 / Top↑
Secret