デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<
<

  画像の上でクリックするとチェンジします(画像3枚)
( トランジションのソースは熊子さまからお借りしました )


先日園芸店を訪れたら、春の季節の花苗が店先に出されていて
沢山の花苗を見ていたら、その中でお値打ちな価格の
クレマチスが目に留まり、二鉢購入して帰って来た

名札を見ると、薄紫色の一重の花が咲く「HFヤング」と
八重の白い花が咲く「雪おこし」と言う名前の品種で
家に帰ってから、早速大きな鉢に植え替えて水を与えておいた

時々クレマチスの世話をし見守って、病気や害虫に負けないで
順調に育って、綺麗な花が咲く事を願っている

クレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属の事で
園芸用語としては、このセンニンソウ属の多年草の内
花が大きくて観賞価値の高い品種の総称としてよんでいる

クレマチスの交配は原種をもとに、何世紀にも渡って続けられ
現在では200種を越える交配品種が生み出され
一重咲き、八重咲き、万重咲き、チュウリップ咲き、釣り鐘型等と
多くのバリエーションが見られると言われている




2011.03.21 / Top↑
Secret