デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<

 画像の上でクリックするとチェンジします(画像11枚)
( トランジションのソースは熊子さまからお借りしました )

北国の春
(作詞:いではく 作曲:遠藤 実 歌:千 昌夫)


♪ こぶし咲く あの丘 北国の春 
              ああ 北国の春 ♪



北国の春の歌詞に出てくる「コブシ」は
モクレン科の落葉広葉樹の高木で
昔の人は、このコブシの花の開花時期から農作業を始める
タイミングを判断したり、咲いた花の向きから
豊作に成るか否かを占ったりしたと云われ
昔はコブシの花が咲くと、田植えの準備を始めた事から
別名で「田打桜」とも呼ばれている

コブシは同じ仲間のモクレンより花が小さく
花は純白で、基部は桃色を帯びていて
花弁は6枚で、葉が出てくる前に花が咲く


( 秋の季節に出来るこぶしの実 )


名前の由来は、蕾が開く直前の形が
子供の握り拳に似ている事からと云う説と
秋に出来るこぶしの実が、ゴツゴツとしていて
その実の形から「こぶし」に、命名されたと云う説も有り
自分的には、実の方が拳によく似ていると思うのだが・・・


2011.04.06 / Top↑
Secret