デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<


画像の上でクリックするとチェンジします(画像8枚)
( トランジションのソースは熊子さまからお借りしました )


日本の山野等に生え、花は葉と同じ様な色なので
あまり目立たないシュンランは、ラン科の多年性植物で
土壌中に根を広げ、早春の頃にツクシの様な
ひょろひょろとした茎を伸ばし、その先に
緑色を帯びた径3~5cm位の花を1個咲かせる

以前には、シュンランは低山の雑木林等で
極普通に、よくその姿が見られていたが
花の色に変化があって、盗掘の被害に遭い易く
野生のものは、最近数が減ってきていると言われている

このシュンランの花が、先回訪れた河川環境楽園の
山林部の木陰で沢山の花を咲かせていた




2011.04.10 / Top↑
Secret