デジカメを持って 西へ東へと・・・

<


画像の上でクリックするとチェンジします(画像14枚)
( トランジションのソースは donguri 様からお借りしました )


10日の日曜日は、最高気温が20℃を超えポカポカ陽気となり
予てより約束してあった津島の親戚の家へ
家族揃って遊びに行き、ついでに日光川の桜を観てきた

親戚の家から近い所に在る「日光川桜つづみ小公園」は
染井吉野や祇園枝垂れ桜、御衣黄、普賢象、関山等の
八重桜を中心とした葯30種類の桜を楽しむ事が出来
また、須ヶ谷川桜つづみ散策路に咲く染井吉野を
のんびり観ながら歩く事が出来るので
訪れた時は、多くの人たちで賑わっていた



 桜を見た後
 お昼近くに
 なっていたので
 ウナギ料理が
 美味しいと評判の
 店に行って
 人気メニューの
 うな丼を
 ご馳走になり
 その後は
 甚目寺観音へ
 行く事になった

 その昔
 伊勢の漁師が
 魚を捕っていたら
 観音様が
 網にかかり



その観音様を近くの砂浜にお堂を建てお祀りしたのが
最初だと云われている甚目寺観音は
愛知県あま市に在り、尾張四観音の一つになっている

この本堂は赤く彩られ、屋根のひさしには金張りが付けられ
春の陽を受けて眩しく光り輝き、境内の桜は満開で
人懐っこい沢山の鳩がいて近く迄トコトコ歩いて寄ってきた

そして、境内に一段と高くそびえている三重の塔は
寛永3年(1634年)に再建されたと云われ
当時の建築技術の素晴しさと重厚な姿を今尚見せていた






2011.04.12 / Top↑
Secret