デジカメを持って 西へ東へと・・・

10月の下旬に、赤ソバとコスモスの花が一緒に見られる国営公園を訪れ
赤ソバやコスモスの花を写真に写してから帰ろうとして
公園内の散歩道を歩いていたら、その道脇に有る鉄製のアーチに
絡みついたつる性の植物に、赤い果実が沢山付いているのを見つけた

何の実だろうかと思い、近づいて見てみると
「オキナワ・スズメウリ」と書いた名札が掛けてあり
今迄に見た事の無い、綺麗で珍しい果実であった

「オキナワ・スズメウリ」はウリ科のつる性一年草で
日本では沖縄地方の日当りの良い路傍や林縁等に生育し
この沖縄地方では、ごく普通に見られる植物らしい

果実は、球形に近い卵形で長径2.5cm位の大きさで
成熟する前からくっきりした白色の縦縞模様が有って美しく
更に成熟して果皮が真っ赤になった時のコントラストは見事で
この果実は、生け花の材料等に使用される事が有ると書いてあった



画像の上にマウスON すると大きくなります
( トランジションのソースは熊子さまからお借りしました )

<
          
       <
                  
             <





















2011.11.03 / Top↑
Secret