FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

先日、JR岐阜駅高架下に在るハートフルGを訪れた時
「忘れないで東日本大震災~震災一年を迎えるにあたって~」と
題した巡回写真展が、1階と2階の通路に展示してあった

この写真展は、あの東日本大震災が発生してから
10ヶ月が過ぎ去った昨日迄開かれていて
平成23年3月11日は被災地の人達にとっても
この世とは思えない悲惨な大津波の被害の現実を見た人達にとっても
忘れようとしても、忘れられない日で
大切なものは何か、守らなければならないものは何かを
もう一度考える機会にと、岐阜県池田町在住写真家の
「東北沿岸600K震災報告」と岩手県釜石市の写真家による
「3月11日体育館内での写真や復興にかけた人々の顔」
そして岐阜県関市在住のフォトエッセイストによる
「心癒される写真」等の人達によって企画されたものだった

写真には、津波に襲われる瞬間の街の様子や逃げ出す人々の姿
被災地や避難所での生々しい被災地の人達の姿が写し出され
何時やってくるか分からない、自然災害の恐ろしさと共に
大震災から復興に力強く立ち向かう、人間の強さも伝えていた

今、何時発生してもおかしくないと言われている
「東海・南海・東南海地震」はM9クラスの超巨大地震で
太平洋ベルト地帯を襲い新幹線、東名高速道路等
日本の基幹動脈が全滅し、日本の国の存続も危ぶまれ
想像出来ない様な大災害が、各地で起きると言われている

自分には関係の無い遠い所で起きた出来事だと忘れてしまうのではなく
一日も早い被災地での復興を願い、あの日起きた事を忘れ無い為にも
また、今後起こると云われる巨大地震に立ち向かう為にも
この写真展を観ておく必要があるのではないだろうか

なおこの巡回写真展は1月13日~19日迄は岐阜市清本町のふれあいセンターにて
1月20日~27日迄は岐阜市徹明通の十六徹明ギャラリーにて開催されるそうです

画像の上でクリックするとチェンジします(画像7枚)
( トランジションのソースは donguri 様からお借りしました )
<<

2012.01.12 / Top↑
Secret