デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<

画像の上でクリックするとチェンジします(画像5枚)
( トランジションのソースは donguri様からお借りしました )


元々は中国原産の植物で、古い時代に日本へ渡来し
それが野生化したと言われている「シャガ」はアヤメ科の多年草で
本州から九州地方の、人里近くの林下等の日陰に自生し
日本のアヤメ科のなかでは、冬でも枯れない唯一の常緑種であり
光沢のある細長い葉が袴状に並んで、斜め上に向かって伸ばし
4~5月頃になると、高さ30~70cm程の花茎の上方で
分枝した先に径5cm位の花をつけ、花被片は6枚で白色から淡紫色で
外花被片の内面の中央部には橙黄色の突起した斑紋が有り
その部分を囲むように青紫色の斑点が出来ていて
毛状の突起が並び、鶏冠状になっている

花は短命で一日でしぼんでしまうが、次々と新しい花を咲かせ
花の咲いていない時期も、すらっとした葉姿が美しく
性質は強健で、余り場所を選ばず育つので庭園や生垣の下草等に利用されている





2012.05.23 / Top↑
Secret