デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<


幕と画像の上でクリックするとチェンジします。(画像4枚)
トランンジションのソースはますたー様からお借りしました



今日から9月になり、まだ残暑が厳しく暑い日が続いているが
ここ最近になり、朝夕は涼しさが感じられる様になってきた

自宅の庭のあちこちに、自分で植えた覚えがないのに
この残暑厳しい時期に、涼しげなラッパ状で白色をした
ユリの様な花が、数年前から毎年咲く様になり
今年は例年になく、庭のあちらこちらで花が咲き
その中に、1本の茎から20輪程の花が沢山咲き
見事であったので、カメラにその姿を収めてみた

花の直径は10cm位で、ラッパ状の長さは20cm位もあり
Webで調べて見ると、どうやら「タカサゴユリ」の様であり
この「タカサゴユリ」は台湾の山地に広く野生するユリで
日本へは観賞用として、種子が大正12年頃渡来したと云われ
旺盛な繁殖力の為に、今では各地で野生化していて
明るい原野や荒野、道路脇、法面、荒れ地等で生え
この地方でも、空き地等で自然に生えている姿を時々見かける

「タカサゴユリ」の葉は細く、花は白色をしていて
外側面には薄い紫色の筋が入り、花被片は6枚からなり
根元でくっ付いていて、横向きで少し下向きに俯いて咲いていた


2012.09.01 / Top↑
Secret