FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<


画像の上で久利くするとチェンジします(画像7枚)
( トランジションのソースは 熊子さまからお借りしました )


先日訪れた山里の土手には、「ゲンノショウコ」の花がひっそりと咲いていた
「ゲンノショウコ」はフウロソウ科の多年草であり
日本では北海道の草地や本州から九州地方の山野等に自生し
「ゲンノショウコ」は関西以西では紅色の花が
関西以東では白色の花が多いと言われているが
今回訪れた場所では、紅色と白色の2色の花を同時に見る事が出来た

「ゲンノショウコ」は「ドクダミ」や「センブリ」等と共に
江戸時代から民間薬として用いられている日本の生薬であり
植物名の「ゲンノショウコ」は「胃腸に実際に効く証拠」を意味すると云われ
根・茎・葉・花等を干してから煎じて「下痢止め」や「胃薬」として
また茶としても飲用され、飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず
優秀な整腸生薬である事から「イシャイラズ(医者いらず」)とか
「タチマチグサ(たちまち草)」等の異った名前も持っている





2012.10.20 / Top↑
Secret