FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

ヨツバヒヨドリの蜜を吸うアサギマダラ


翅の模様が鮮やかな大型の蝶で長距離を移動することで知られている
チョウ目、タテハチョウ科マダラチョウ亜科のアサギマダラを
8月初めに訪れた伊吹山で偶然見る事が出来た
    

この蝶は、細かく、せわしく羽ばたかないで
ふわり、ふわりと楽しそうに滑空し、人をあまり恐れていないようで
標高の高い山地に生息し、運が良ければ見かける事が出来る


この蝶を、マーキング後、放蝶するという方法で
固体識別を行う事によって、専門家が調べた結果
夏になる迄に、日本で生まれた蝶は
秋になると、日本本土と西南諸島、台湾の間を
往復している事が解ったらしい

2009.08.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/89-8d0dfc2f