FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


例年ならば、「春分の日」が過ぎてから
「ヒトリシズカ」の花を観に自生地を訪れていたが
今年は、桜の開花が例年より早いと予想されていたので
「ヒトリシズカ」の場合はどうなのかと、様子を見る為に
3月20日以前に訪れたが、時すでに遅しで
日当たりの良い場所では、「ヒトリシズカ」の花が咲き
ブラシ状の白い雄しべが落ちてしまったり
花の白色が茶色に変色した状態で
残念ながら、既に見頃をちょっぴりと過ぎてしまっていた

しかし折角訪れたので、モデルになりそうな「ヒトリシズカ」は無いか
自生地内を探したら、余り陽の当たらない大きな岩陰に生えている
「ヒトリシズカ」は、丁度花が咲き始めの状態であったので
カメラを出して、これらをモデルにして写してきました

「ヒトリシズカ」はセンリョウ科の多年草で
主に林床の木陰に自生し、根茎が地中を横に走り
そこから芽を出して、沢山の茎を直立させ
早春になると葉が完全に開ききる前に
茎の先端に糸の様な白い花がブラシ状に咲き
白い糸状に見える部分は雄しべで、花弁や萼は無くて
葉は茎を囲む様に、4枚が同じ高さに付き
若い葉は濃緑色で、光沢が有り瑞々しさが感じられます


・・・「ヒトリシズカ」の記述に付いては、一部「ヤサシイエンゲイ」から引用させて頂きました。・・・



                 「ヒトリシズカ」の自生地を訪れた時の様子をデジブックで作成しました。
           お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。




2013.04.08 / Top↑
Secret