デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<

 
画像の上でクリックするとチェンジします。(画像5枚)
( トランンジションのソースは ますたー様からお借りしました )


4月に入った頃からサツキの木が植えて在る横で
白いスズランの様な形の花が咲き始めて
今では沢山咲いて見頃を迎えています

この植物は、ヨーロッバ中南部原産・ヒガンバナ科の多年草である
「スノーフレーク」で、日本では秋に球根を植えて
春の季節に花を咲かせていますがますが
原産地では主に夏に開花し、「サマー・スノーフレーク」の
名前が付けられていると云われています

「スノーフレーク」は、地際から花茎を数本伸ばし
その先端に径1.5cm位の釣り鐘状の白色の花を
下向きに数輪咲かせ、花びらは6枚からなり
花びらの先端には緑色の斑点が入っています

そして釣り鐘状の花が「スズラン」に
幅のある細長い葉っぱが「スイセン」に似ている所から
別名で「スズランズイセン」とも呼ばれています



・・・「スノーフレーク」の記述に付きましては、一部「ヤサシイエンゲイ」様のHPから引用させて頂きました。・・・



2013.04.19 / Top↑
Secret