FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

ツツジの仲間の中では、最も豪華な花を咲かせると云われている
「アズマシャクナゲ」はツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木で
樹高は2m位に成り、葉の形は長楕円形で先端は尖がっていて
花が咲くのは、例年は5月頃からだと云われていますが
今年は早いのか、先日訪れた山里に近い公園の半日陰の樹林の中で
この「アズマシャクナゲ」の花が、チラホラと咲き始めていて
少し離れた場所には、一株だけ真っ赤な色の花が咲いていましたが
突然変異でなったのか、別の種類なのか解りませんでした

「アズマシャクナゲ」は、花が咲く頃になると
枝先に総状花序を伸ばして、10個位の5裂した
漏斗状鐘形をした、花茎が5㎝位の大きな花を咲かせ
花の色は淡紅色で、蕾の時には色が濃くて
花が咲くのに従い、色が段々薄くなっていくと云われています


 画像の上でクリックするとチェンジします。(画像9枚)
( トランンジションのソースは donguri様からお借りしました。 )

<<









2013.04.21 / Top↑
Secret