デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<

   
画像の上でクリックするとチェンジします。(画像5枚)
( トランンジションのソースは ますたー様からお借りしました。 )


4月中旬過ぎに訪れた、山里に在る公園の
半日陰となる林の縁で、メギ科の多年草である
「イカリソウ」の白い花が、纏まって咲いていました

「イカリソウ」は、春を代表する山野草の一つとして
古くから日本人に愛され、茶花や鉢花としても親しまれ
春に芽を出して開花し、晩秋に茎葉が枯れてしまい
冬の季節には、地下茎のままの状態で越します

「イカリソウ」の花は下向きに開き、径3cm位で
白色または紅紫色で、萼片は8枚からなり
外側の4枚は早く落ち、花弁は4枚で長い距があり
これが船の錨に似ているところから
「イカリソウ」という名前が付けられたと云われています


2013.05.07 / Top↑
Secret