デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<


画像の上でクリックするとチェンジします。(画像5枚)
( トランンジションのソースは、ますたー様からお借りしました )


5月中旬過ぎに訪れた国営木曽三川公園の一つ
河川環境楽園内のふれあい池付近の散策路脇で
「ハコネウツギ」の花が、咲いているのに気が付きました

「ハコネウツギ」は、日本原産・スイカズラ科の落葉低木で
日本各地の海岸近くに自生していますが
花がカラフルなので、庭園樹として植栽される事もあります

「ハコネウツギ」は5~6月頃になると、枝先あるいは葉腋に
散房花序を出し、漏斗状鐘形で先が5裂した白色から
赤色へと次第に変わる花を、1~3個咲かせます

名前に、「ハコネ」と付いているので
箱根地方に多く自生しているかと思えば
箱根地方には、僅かしか自生していないと云われ
どうして「ハコネ」の名前が付けられたのか
その理由が、不明だと云われていますが
「ハコネウツギ」の花の色は、とっても不思議で
花が開いたばかりの時は白い色で
時間の経過と共に、少しずつピンク色に変色していきます

普通色が変わっていく花の場合には、時間が経つと
色素が抜けていって、白くなる花が多いようですが
この「ハコネウツギ」の場合は、逆に赤い色素が出て来るみたいです



2013.06.05 / Top↑
Secret