デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<

画像の上でクリックするとチェンジします。(画像3枚)
・・・トランンジションのソースは、熊子様からお借りしました。・・・


今朝は、昨日の夕方から降り始めた小雨がまだ降り続いていて
天気予報によれば、「午後から時々強く降る」となっていますので
梅雨に入っても雨が全く降らず、水分不足気味の畑の野菜達にとっては
待望の雨が降った事で生気を取り戻し、恵みの雨と成りそうです

先日山里に在る公園を久しぶりに訪れ、公園内を歩いていたら
「ヤマボウシ」の白い花が沢山咲いていました

「ヤマボウシ」は本州から四国、九州地方の
山野で普通に見られるミズキ科の落葉高木で
最近では街路樹等として植栽されて、その姿を見る事が有ります

「ヤマボウシ」は初夏の頃になると先端の尖った
真っ白い花びらを、4枚持つ花を枝に沢山咲かせますが
花と思っている外側の白い花弁状のものは
総苞片と呼ばれる、花序の部分にある葉の変形したもので
中心部にある淡い黄緑色をした、小さな花の集合体が、本当の花で
近縁種には、幅広く普及して人気の高い花木の「ハナミズキ」があり
「ハナミズキ」は花びらの先端がやや内側に巻き込む様に
丸くなっているのに対して、「ヤマボウシ」は先端が尖っています

また「ヤマボウシ」の材は、堅い事で知られ
同属の「ミズキ」よりもはるかに堅く、「カシ」の木のない地域では
その代替として、器具材や柄材として使われていると云われています
 

・・・「ヤマボウシ」の記述に付きましては、一部「みんなの趣味の園芸」さまのHPから引用させて頂きました。・・・





2013.06.19 / Top↑
Secret