FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像8枚)・・・


今週の初めに公園内を訪れた時に、園内を散策していると
散策路脇で、生垣として植栽されている「アベリア」に
沢山の花が咲いているのに気が付きました

「アベリア」は、19世紀中期にイタリアで作出されたと云わる園芸種の
スイカズラ科 ツクバネウツギ属の交配種で、両親の長所で有ります
四季咲きといえる程の長い開花期や、半常緑でありながら寒さに強いと云う特徴を持ち
春~秋の季節迄の、かなり長期間に渡って鐘形の小さい花を多数咲かせ
花の香りは非常に強いと云われていますが、今回見た「アベリア」からは
小生は香りを感じる事が出来ませんでしたが、公園等の生け垣によく使われています


・・・「アベリア」の記述に付きましては、「Weblio辞書」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・




2019.07.03 / Top↑

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・


小生宅の玄関先には、鉢植えをしたブラジル南部原産・アオイ科の
「チロリアンランプ(アブチロン)」が一鉢置いて有りますが
この花は、10年位前に連れ合いが友達から鉢ごと頂いてきたもので
赤色と黄色のコントラストが美しくて
ランプを吊り下げた様なユニークな形をした花が
人知れずひっそりと咲いているのに本日気が付きました
        
この「チロリアンランプ」を頂いた時、「チロリアンランプ」は熱帯性の植物なので
暑さと寒さの四季が有る日本の気候で育てるのは、難しいと思っていましたが
この「チロリアンランプ」は、日本の気候にも馴染み易い様なので
小生宅では、殆んど世話らしい世話をしていない状態ですが
元気に育ち、一般的な「チロリアンランプ」の花期は3月~9月頃と聞いていましたが
今迄には、冬の季節でも葉っぱや花の上に雪を載せたまま咲いている時も有って
他の熱帯花木に比べると、かなり耐寒性が強い植物の様なので
小生宅の様に、雪が時々積もる事の在る戸外でも冬越しをする事が出来
熱帯植物を育てたことが無い人でも、育てる事が可能な様で有り
一度に咲く花数は少ないものの、小生の印象では一年を通してずっと
花を咲かせている様なので、ほぼ毎月花を見る事が出来ます




2019.06.05 / Top↑