FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像10枚)・・・



非常に大きな台風19号が、当地方を直撃する最悪のコースを通りましたが
予想していた大きな被害を殆んど出す事なく、通り過ぎて行った翌日に
台風通過後の野菜の様子を見に、午前9時頃畑へ出かけた時に
畑横の農道にオスの雉が1羽居るのを見つけ、珍しかったので
その姿を写そうと思いカメラを取りに帰り、コスモスの間から
暫らくその姿を写していましたが、その途中に一度こちらの方を見たので
気付かれたかと思いましたが、その場所から雉は逃げる事無く
暫らくその場所で辺りを見回した後に、何処かへと姿を消していきました

雉はキジ目キジ科キジ属の鳥で、尾の長い事が特徴の
地上性のあるニワトリ大の鳥で、本州から四国、九州地方に分布し
オスは濃い緑色の体で、繁殖期になるとハート型の赤い顔に成り
「ケーンケーン」と鳴きながら、メスを求めると云われ
そして雉は、昔から日本人とかかわりの深い鳥として
「桃太郎」をはじめとして、色々な物語や「焼野の雉(きぎす)、夜の鶴」等の
我が子を思う、親の愛情の深さを表わす例え話があると云われ
また「朝キジが鳴けば雨、地震が近づけば大声で鳴く」といった
予知能力迄、雉には与えられているとも云われます


・・・記事の記述に付きましては、「日本の鳥百科」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2014.10.17 / Top↑

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・



10年程前にサークル仲間の人から頂いた「ビワ」を食べた時に
大きくて美味しかったので、ダメもとでそのビワの種をビニールポットに
蒔いた所3株が上手く発芽して、小さなビワの木に育ってきたので
そのうちの2株を畑の隅に植え替えて育てていたら
昨年から実が出来始め、早速味見をしましたが美味しくなく
そのままにしておいたら、今年も沢山実が出来て来たので
ビワは1花房に沢山の蕾がつくものの、全部結実させると
実が小さくなって樹勢も衰えてしまうと云われていますので
今回は花房数が多い11月頃に、弱い枝や花数の多い枝の花房を切り取り
花房数を全体の1/3~1/2まで減らす摘房を行うと同時に
摘蕾も行っておいたので、5月末頃から数少ない実が橙色に色づき始め
熟したビワの実を試食したところ、昨年よりは美味しく感じたので
小生が食べる前に、鳥に食べられてしまうとまずいので
鳥害対策として、ネットでビワの木の上部を覆っておきました

今では、ビワの実の旬の時期も終わりを迎え様としているので
昨日のお昼前に、木を覆っていたネットを取り外しておいたところ
お昼過ぎに畑へ様子を見に出かけてみると、沢山の「ムクドリ」がビワの木に止まり
残っていたビワの実を、賑わしい声を出しながら盛んに食べていて
小生の姿を見て、畑の隅の方へと逃げて行きましたので
ビワの実を見てみると、ほとんど食べ尽くされてしまった状態でしたが
今年は小生もビワを十分に味わったので、残り物ながらチョッピリと
野鳥達にもお裾分けした次第で、多分喜んでくれたのではないでしょうか?



2014.06.18 / Top↑